SDGsプロジェクトのメンバーで、三条市清掃センターへ見学

8/29(月)SDGsプロジェクトのメンバーで、三条市清掃センターへ見学は行きました。

SDGsプロジェクトの今年の活動として、ゴミの行く先を勉強したいということで市へ申込を行い清掃センター見学させてもらいました。

まず「かんきょう庵」で、清掃センターの説明動画をみさせてもらい、市の職員の方へ質問をしました。

その後、清掃センターへ行き3階より見学をさせて頂きました。

清掃センターは今年リチウム電池の火災がありその工事が行われている途中でした。建物内部はまだ煙の臭いが付いていて、火事の焦げたススが付いている様子も見えました。

三条市の清掃センターは最新の処理施設という事で、プラスチック系などの物も焼却する事が可能で、その後の煙灰も触媒で低害化しているそうです。

3階からゴミを投げ入れるプラットホームを見ると丁度、草を大量に投げ入れている様子が見られました。三条市では除草した草も可燃として受け入れている様ですが、水分を含んだ物は燃焼が悪く油分を入れる事があるという話をしていて、環境面ではどうなのか?と思う所もありました。

今後広報にて詳しくお知らせしたいと思います




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示